九州大学農学部北岡研究室 九州大学農学部北岡研究室 九州大学農学部北岡研究室

研究内容

生物資源化学研究室では、「生命を形作る構造から新機能を見つけ活用する」を合言葉に、樹木多糖の「ナノ構造」が誘導する「界面」に着目した有機材料化学や、森林微生物の「働き」を活かした高度な「物質変換」を可能にする酵素・生物工学など、森林を舞台に最先端のナノ・バイオ研究を探究しています。

ナノ・バイオや環境・エネルギー・物質合成・創薬などに関心のある人、将来、研究者・科学者を目指している人など、本研究室に少しでも興味のある人は、気軽にご連絡ください。

バイオマテリアル

バイオマテリアル

構造性糖鎖分子のナノ構造化機能そのものを生体機能として利用するために、糖鎖合成から分子配列まで人為的な構造制御を施したバイオマテリアルの開発を行っています。

触媒・複合材料

触媒・複合材料

身近な生活素材である「紙」が多孔質の繊維ネットワーク積層構造を持つことに着目し、その特徴的なマイクロ空間を触媒反応場として利用する新規な構造体触媒の開発を行っています。

酵素・生物工学

酵素・生物工学

多種多様な酵素の優れた物質産生能および物質変換能に着目し、有用酵素の発掘・機能探索および生物工学的手法による有用・新規な化合物の微生物生産を目指しています。

PAGE
TOP