九州大学 大学院農学研究院 森林資源科学部門 生物材料機能学講座 生物資源化学分野

ENGLISH
home

博士論文

  • 生分解性プラスチックと板紙の複合シートに関する基礎的研究
    蟹江脩



修士論文

  • 生活環境素材としての光触媒紙の材料設計 −紙の空隙構造とVOC分解効果−
    井口佑美
  • 光触媒のシート成型と水環境浄化に向けた材料設計
    深堀秀史
  • ウェットエンド相互作用系におけるセルロース分解酵素の基質認識の機能利用
    松尾久美子



卒業論文

  • ウェットエンドで機能するセルロースアンカー分子の探索と利用
    大田剛史
  • 表面モルフォロジー解析による紙のサイズ性発現機構の解明
    松山佳奈



国際会議

  • 9.
    Preparation and characteristics of cellulose derivative by ring-opening esterification of L-lactide
    Mayumi A., Kitaoka T., Wariishi H.
    227th American Chemical Society National Meeting, Anaheim, March 28-April 1 (2004)
  • 8.
    Self-assembled monolayer of thiol derivative of cellulose on Au interface
    Yokota S., Kitaoka T., Wariishi H.
    227th American Chemical Society National Meeting, Anaheim, March 28-April 1 (2004)
  • 7.
    Functional application of cellulose-binding domain of cellulase as a retention promoter for papermaking additive
    Matsuo K., Kitaoka T., Wariishi H.
    227th American Chemical Society National Meeting, Anaheim, March 28-April 1 (2004)
  • 6.
    Surface characteristics and sizing response of paper sheets sized by anionic emulsion of fatty acids
    Yamamoto H., Kitaoka T., Tanaka H.
    5th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2003, Montreal, June 16-19 (2003)
  • 5.
    Preparation and characteristics of polymer additive containing cellulose-binding domain of cellulase
    Matsuo K., Kitaoka T., Tanaka H.
    5th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2003, Montreal, June 16-19 (2003)
  • 4.
    Preparation of high performance paper containing TiO2 photocatalyst supported on inorganic fiber matrix
    Iguchi Y., Ichiura H., Kitaoka T., Tanaka H.
    12th International Symposium on Wood and Pulping Chemistry 2003, Madison, June 9-12 (2003)
  • 3.
    Photocatalytic decomposition of bisphenol A in water by paper-like TiO2-zeolite composites
    Fukahori S., Ichiura H., Kitaoka T., Tanaka H.
    12th International Symposium on Wood and Pulping Chemistry 2003, Madison, June 9-12 (2003)
  • 2.
    Photocatalytic oxidation of NOx by paper-like TiO2 composites containing zeolite and metallic oxides
    Ichiura H., Kitaoka T., Tanaka H.
    12th International Symposium on Wood and Pulping Chemistry 2003, Madison, June 9-12 (2003)
  • 1.
    Efficient surface modification of pulp fibers by fluorine-containing reagents under aqueous conditions and its application to papermaking
    Fukuda S., Yamashita S., Isogai A., Yamamoto H., Kitaoka T.
    12th International Symposium on Wood and Pulping Chemistry 2003, Madison, June 9-12 (2003)



国内学会

  • 6.
    光触媒を担持した多孔質セラミックフェルトの調製と触媒効果
    深堀秀史、北岡卓也、割石博之
    第38回日本水環境学会年会、札幌、2004年3月17-19日
  • 5.
    湿式抄紙法により調製したペーパー担持金属触媒上でのメタノール水蒸気改質反応
    友田昭彦、鈴木涼、北岡卓也
    第33回石油・石油化学討論会(創立45周年記念大阪大会)、大阪、2003年11月17-18日
  • 4.
    ラクチドの開環エステル化によるセルロース誘導体の調製
    真弓綾花、北岡卓也、割石博之
    第10回日本木材学会九州支部大会、鹿児島、2003年9月23-24日
  • 3.
    セルラーゼの基質結合部位を導入した高分子添加剤の定着挙動と紙力増強効果
    松尾久美子(受賞)、北岡卓也、田中浩雄
    セルロース学会第10回年次大会、大阪、2003年7月17-18日
  • 2.
    再生セルロース膜の表面構造解析 −造膜過程における影響因子−
    横田慎吾、北岡卓也、田中浩雄
    セルロース学会第10回年次大会、大阪、2003年7月17-18日
  • 1.
    セルロース繊維をベースとした生分解性複合材料の調製
    真弓綾花、蟹江脩、北岡卓也、田中浩雄
    第12回環境化学討論会、新潟、2003年6月25-27日