九州大学 大学院農学研究院 森林資源科学部門 生物材料機能学講座 生物資源化学分野

ENGLISH
home

博士論文

  • Paper-Structured Catalyst Composites for Environmental and Energy Applications
    (ペーパー構造体触媒の開発と環境・エネルギー分野への応用)
    深堀秀史
  • Metabolism of Nitroaromatics Related to Chemical Warfare Agents by Phanerochaete chrysosporium and Proteomic Analysis on Its Responses to Nitrogen Availability
    寺本寛



修士論文

  • Phanerochaete chrysosporium におけるバニリン添加応答的遺伝子の発現プロファイリング
    石川真梨子
  • セルロース系多糖分子のナノイメージング
    上野友嗣
  • Phanerochaete chrysosporium シトクロムP450の機能推定 -基質結合空間の構造進化と機能多様性-
    牛島裕紀
  • 非水系酵素触媒反応による多糖合成
    江草静香
  • マイクロ空間を水素生成反応場とするペーパー構造体触媒の機能設計
    古賀大尚
  • Phanerochaete chrysosporium による多環式芳香族化合物の変換 -シトクロムP450が関与する代謝機構-
    チグ ノマテンバ ロイス
  • Phanerochaete chrysosporium の細胞膜機能解明へ向けたプロテオーム解析
    山下久則



卒業論文

  • 燃焼系排出ガス浄化用NOx還元ペーパー触媒の開発
    石原裕丈
  • 糖鎖修飾セルロース膜のバイオインターフェース機能
    江嵜慶
  • Phanerochaete chrysosporium シトクロムP450の網羅的機能探索
    田崎真洋
  • Phanerochaete chrysosporium におけるシトクロムP450遺伝子の発現ダイナミクス
    寺田和子
  • Phanerochaete chrysosporium が有するピノレジノールの分解に関与する新規酵素
    松本純



国際会議

  • 6.
    Adsorption behavior of cellobiose-pendant polymers at the cellulose/water interface
    Kitaoka T., Ohta T.
    6th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2006, Stockholm, June 7-9 (2006)
  • 5.
    Formation of functional materials on paper surface using interfacial polymerization technique
    Ichiura H., Morikawa M., Ninomiya J., Kitaoka T.
    6th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2006, Stockholm, June 7-9 (2006)
  • 4.
    Autothermal reforming of methanol using catalyst paper for hydrogen fuel cell application
    Koga H., Fukahori S., Kitaoka T., Wariishi H., Tomoda A., Suzuki R.
    6th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2006, Stockholm, June 7-9 (2006)
  • 3.
    Preparation and structural characteristics of self-assembled cellulose I layer”
    Yokota S., Kitaoka T., Sugiyama J., Wariishi H.
    6th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2006, Stockholm, June 7-9 (2006)
  • 2.
    In vitro synthesis of cellulose from cellobiose using surfactant-coated cellulase in LiCl/DMAc solvent system
    Egusa S., Kitaoka T., Wariishi H., Goto M.
    6th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2006, Stockholm, June 7-9 (2006)
  • 1.
    Porous catalyst paper effective for hydrogen production by methanol steam reforming
    Fukahori S., Koga H., Kitaoka T., Wariishi H., Tomoda A., Suzuki R.
    6th International Paper and Coating Chemistry Symposium 2006, Stockholm, June 7-9 (2006)



国内学会

  • 16.
    非水系酵素触媒反応による糖鎖合成と多糖基材の表面修飾
    江草静香、江嵜慶、横田慎吾、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏
    化学工学会第72年会、京都、2007年3月19-21日
  • 15.
    ナノ構造を制御した多糖分子配向膜における動物肝細胞の培養特性
    横田慎吾、江草静香、江嵜慶、北岡卓也、割石博之、杉山淳司
    化学工学会第72年会、京都、2007年3月19-21日
  • 14.
    マイクロ空隙構造をメタノール改質反応場とするペーパー構造体触媒の開発
    古賀大尚、深堀秀史、北岡卓也、割石博之、友田昭彦、中村光由
    化学工学会第72年会、京都、2007年3月19-21日
  • 13.
    CFD解析支援によるメタノール改質水素製造ペーパー構造体触媒の材料設計
    深堀秀史、古賀大尚、北岡卓也、割石博之、友田昭彦、中村光由
    化学工学会第72年会、京都、2007年3月19-21日
  • 12.
    白金系触媒を担持したペーパー構造体触媒によるNOx還元除去
    石原裕丈、古賀大尚、深堀秀史、北岡卓也、割石博之、友田昭彦、鈴木涼
    化学工学会第72年会、京都、2007年3月19-21日
  • 11.
    多糖分子配向膜の調製と膜界面の機能デザイン
    横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司
    第56回日本木材学会大会、秋田、2006年8月8-10日
  • 10.
    セルロース単分子鎖からなるナノネットワーク構造のAFM観察
    上野友嗣、横田慎吾、北岡卓也、割石博之
    第56回日本木材学会大会、秋田、2006年8月8-10日
  • 9.
    分子鎖ベクトル制御によるセルロース分子配向膜の構造設計
    横田慎吾、北岡卓也、割石博之、杉山淳司
    セルロース学会第13回年次大会、東京、2006年7月13-14日
  • 8.
    AFMによるセルロース系高分子ナノ構造のダイナミクス観察
    上野友嗣、横田慎吾、北岡卓也、割石博之
    セルロース学会第13回年次大会、東京、2006年7月13-14日
  • 7.
    セルロース分子修飾金ナノ粒子の調製とキャラクタリゼーション
    前田健一郎、横田慎吾、上野友嗣、北岡卓也、割石博之
    セルロース学会第13回年次大会、東京、2006年7月13-14日
  • 6.
    非水系酵素反応によるセルロース合成と固体表面の糖鎖修飾
    江草静香、横田慎吾、田中京子、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏
    セルロース学会第13回年次大会、東京、2006年7月13-14日
  • 5.
    酵素反応によるセルロース固体表面の糖鎖修飾と細胞培養特性
    江草静香、横田慎吾、田中京子、北岡卓也、割石博之、後藤雅宏
    第43回化学関連支部合同九州大会、北九州、2006年7月8日
  • 4.
    ペーパー触媒の開発とメタノールのオートサーマル改質挙動
    古賀大尚、深堀秀史、北岡卓也、割石博之、友田昭彦、鈴木涼
    第43回化学関連支部合同九州大会、北九州、2006年7月8日
  • 3.
    自己組織化によるセルロース誘導体薄膜の調製とキャラクタリゼーション
    松山佳奈、横田慎吾、北岡卓也、割石博之
    繊維学会2006年次大会、2006年6月12-14日
  • 2.
    ペーパー触媒によるメタノール改質と水素生成挙動の熱流体解析
    深堀秀史、古賀大尚、北岡卓也、割石博之、友田昭彦、鈴木涼
    第73回紙パルプ研究発表会、東京、2006年6月15-16日

  • 抄紙技術によるペーパー触媒の開発とメタノール水蒸気改質性能
    深堀秀史、古賀大尚、北岡卓也、割石博之、友田昭彦、鈴木涼
    第13回燃料電池シンポジウム、東京、2006年5月16-17日