九州大学 大学院農学研究院 森林資源科学部門 生物材料機能学講座 生物資源化学分野

ENGLISH
home

博士論文

  • Glycosynthesis and Glycomaterials Design by Nonaqueous Biocatalysis Using Surfactant- Enveloped Enzymes
    (界面活性剤被覆酵素を用いた非水系糖鎖合成および糖鎖材料設計)
    江草静香



修士論文

  • Micropatterned biointerfaces of chitooligomers for cell alignment and cellular biofunction
    Poosala Pornthida
  • 糖鎖集積バイオインターフェースによる細胞免疫応答の直接活性化
    上村富美
  • セルロースナノファイバーとプロリンの協奏的有機分子触媒反応
    木村紘也
  • セルロースマトリックスへの酵素集積固定化と協調的触媒反応
    山浦大樹



卒業論文

  • コアシェル型バイメタルナノ粒子のオンペーパー合成と触媒性能
    中村有希
  • コヘシン-ドックリン相互作用を利用した酵素複合体の開発
    野北昂志
  • 金属-有機構造体複合化セルロース膜の開発とガス分離機能
    松本眞



国際会議

  • 4.
    Immobilization and biocatalytic applications of enzymes on cellulose paper matrix
    Yamaura T., Kitaoka T.
    International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2013 (AFELiSA2013), 10th International Joint Symposium between Japan and Korea, Miyazaki, Nov. 7-8 (2013)
  • 3.
    TLR-mediated cell stimulation on glyco-decorated biointerfaces composed of chitohexaose and cellohexaose
    Uemura F., Kitaoka T.
    3rd EPNOE (European Polysaccharide Network of Excellence) International Polysaccharide Conference 2013, Nice, Oct. 21-24 (2013)
  • 2.
    Glyco-mediated alignment and regulation of myoblast cells cultured on GlcNAc-clustered micropatterns
    Poosala P., Kitaoka T.
    3rd EPNOE (European Polysaccharide Network of Excellence) International Polysaccharide Conference 2013, Nice, Oct. 21-24 (2013)
  • 1.
    Alcohol oxidation in multiphase gas-liquid-solid reactions over porous paper composites with ruthenium hydroxide catalysts
    Homma T., Kitaoka T.
    Sixteenth International Symposium on Relations between Homogeneous and Heterogeneous Catalysis (ISHHC-16), Sapporo, August 4-9 (2013)



国内学会

  • 16.
    紙資源を利用した超フレキシブル不揮発性メモリ
    長島一樹、古賀大尚、Umberto Celano、金井真樹、北岡卓也、能木雅也、柳田剛
    第61回応用物理学会春季学術講演会、相模原、2014年3月17-20日
  • 15.
    糖鎖集積膜による細胞表面タンパク質を介した細胞内シグナル伝達の活性化
    上村富美、北岡卓也
    第64回日本木材学会大会、松山、2014年3月13-15日
  • 14.
    TEMPO酸化セルロースナノファイバーとプロリンの協奏的触媒作用
    木村紘也、北岡卓也
    第64回日本木材学会大会、松山、2014年3月13-15日
  • 13.
    セルロースナノファイバー結晶界面に集密固定した酵素群による協調的触媒反応
    山浦大樹、北岡卓也
    第64回日本木材学会大会、松山、2014年3月13-15日
  • 12.
    金属-有機構造体複合化セルロースハイブリッド分離膜の開発
    松本眞、北岡卓也
    第64回日本木材学会大会、松山、2014年3月13-15日
  • 11.
    コヘシン-ドックリン相互作用を利用した酵素複合体の開発
    野北昂志、一瀬博文、北岡卓也
    第64回日本木材学会大会、松山、2014年3月13-15日
  • 10.
    生理活性オリゴ糖の密度制御による細胞免疫系シグナル伝達の活性化
    上村富美、北岡卓也
    平成25年度繊維学会秋季研究発表会、名古屋、2013年9月5-6日
  • 9.
    樹木セルロース結晶界面への酵素集密固定化と触媒反応特性
    山浦大樹、北岡卓也
    第20回日本木材学会九州支部大会、福岡、2013年9月2-3日
  • 8.
    TEMPO酸化セルロースペーパー上での金属ナノ粒子の合成と触媒性能
    原陸洋、北岡卓也
    第20回日本木材学会九州支部大会、福岡、2013年9月2-3日
  • 7.
    生理活性オリゴ糖膜の表面密度制御による細胞免疫応答の活性化
    上村富美、北岡卓也
    セルロース学会第20回年次大会、宇治、2013年7月18-19日
  • 6.
    糖鎖集積基板への細胞接着による免疫系シグナル伝達経路の活性化
    上村富美、北岡卓也
    第50回化学関連支部合同九州大会、北九州、2013年7月6日
  • 5.
    セルロースナノファイバー複合紙表面に集積固定した酵素群の協調的触媒作用
    山浦大樹、原陸洋、北岡卓也
    第80回紙パルプ研究発表会、東京、2013年6月24-25日
  • 4.
    TEMPO酸化ペーパー上での金属ナノ粒子のグリーン化学合成と触媒性能
    畦津章裕、原陸洋、北岡卓也
    繊維学会2013年次大会、東京、2013年6月12-14日
  • 3.
    Biomimetic alignment of myoblast cells on micropatterned glyco-biointerfaces
    Poosala Pornthida、北岡卓也
    繊維学会2013年次大会、東京、2013年6月12-14日
  • 2.
    糖鎖密度制御で生体機能に直接働きかけるハイブリッド糖鎖自己集積膜
    上村富美、北岡卓也
    繊維学会2013年次大会、東京、2013年6月12-14日
  • 1.
    酵素集積固定化セルロースマトリックスの触媒反応特性
    山浦大樹、北岡卓也
    繊維学会2013年次大会、東京、2013年6月12-14日